Bossのゆる旅英単語

英検で使用された英単語のイメージを写真や絵を使って出会い、映像作品で再会を繰り返す「楽しく続けられる英単語記憶法」を紹介。テーマは「まるで旅のように、ゆるく寄り道をしながら英単語との思い出を心地良くインパクト!」

サグラダファミリア(バルセロナ)②内観編:〜優しく包み込むstained glassの幻想美〜

f:id:yurute:20200713131642j:plain

今回は、「サグラダファミリア」内観

日本人英語講師のBossす。

 

初めに

昨年、南スペインを中心に

→初スペインを満喫した我々Boss夫婦

 

旅の拠点となった南スペイン

とにかくシャッターを切りたくなる

→全てが絵になる街の佇まい

 

→プチ移住先に決定(こちらの記事で紹介)

www.yurutabieigo.com

 

そして、 

贅沢にもこの旅の終着点は

→観光都市「バルセロナ」

 

バルセロナの写真

見返して思うのは

→あまり写真を撮れてませ〜ん...

 

理由は...残念ながら

老化、40代の宿命

→パワーゲージが黄色信号

 

「あと10歳若ければなぁ...悲」

 

今この記事を書きながら

夫婦でこの避けられない

→老化現象を嘆いています...笑

 

  

前回のおさらい

圧倒的な存在感 

www.yurutabieigo.com

 

2026年完成予定??

未完の世界遺産

→サグラダファミリア

 

普通の街並みから

「wowなご対面」

→圧倒されましたね!

 

 

近づくにつれて

→圧倒される存在感

 

前方の壮大な景色に目を奪われ

私は、子供でも転ばない

→小さな段差に足を取られ転倒...笑

 

訪れた際は、足元にご注意を!

 

苦しんだ写真撮影(外観)

大空に向かって聳え立つ

→サグラダファミリア

 

外観は適度に距離をとって

撮影しないといけませんでした

 

□悪い例...

f:id:yurute:20200623154419p:plain

 

 

□まだ良い例...

f:id:yurute:20200621175204j:plain

 

次回は、

このくらいの位置から

ぐるっと外観を一周し

→ベストポジションを探してみようと思います

 

あとは、当たり前のことですが

事前に絶景スポットをリサーチ!

→これが一番手っ取り早いですね...笑

 

今回は、サグラダファミリア

内部へ潜入して参りました...

 

さらに

 

写真の撮り方に困ることに...

 

サグラダファミリア(内観)

塔に登る予定でしたが

当日は風が強く、終日中止

→ガウディ談「何度も訪れなさい!」

 

分かりました、ガウディ師匠!

映像

 

写真

幻想的な空間美

f:id:yurute:20200713200023j:plain

幻想的な空間美

暫し言葉を失う静寂の時間

 

皆、上を向いていたので見上げてみると... 

f:id:yurute:20200714180213j:plain

不思議と吸い込まれる

優しいオーラ

→気付けば醜態を晒していた私

 

f:id:yurute:20200716230141p:plain 

「口開いたままだから💢」

 

 そんなツッコミをするも気付けば...笑

...

...

...

 

この優しく包み込む

→母胎で眠る胎児の様な安心感

 

ステンドグラスを通した柔らかい陽の光

→見る者を安らぎと落ち着きを与えます

 

ステンドグラスの幻想美

*stained glass

読み方:テェィンドゥ グラァース

→ステンドグラス

  *stained

(形容詞)着色された

 

□stainの「汚れ」は意外な広がり

stain

(動詞) 染みを付ける、着色する

(名詞)(インクなどの)染み、汚れ 

→広がるイメージは「人の名声に対する」汚点

 

 

 

f:id:yurute:20200713201858j:plain

 

f:id:yurute:20200713201927j:plain

 

f:id:yurute:20200713201958j:plain

 

f:id:yurute:20200713202030j:plain

結局、外観もそうでしたが、

どう写真に納めていいか?

→分かりませんでした

 

あらかじめ

「テーマを決めて撮る」

なんでしょうか?

 

そんな悩みも

いつしか...

 

写真を撮るのを止めて

ゆっくり館内を歩きながら

→肉眼に映る幻想美を焼き付けていました

 

バロセロナの中心街に

圧倒的オーラで聳え立つ

→サグラダファミリア

太陽の光が多く入り込むため

ステンドグラスを通し、

→自然な明るさを保っています

 

この色合いが何とも絶妙で

立つ位置によって

→色が変わるんですよね

 

撮影の仕方などどうでもよくなった

何とも気持ちが豊かになる

→サグラダファミリア内観

 

次回は塔に登れますように

 

天候次第

いや、

ガウディ次第...

 

師匠、頼みます!!

 

最後に

あ、、、最後に

英語で表現するの忘れていました...💦

今回はこんな感じで締めくくります

 

 

It was just as absolutely stunning

ただただ驚くほどの美しさで

and I was like totally enthralled with

私、完全にウットリ、虜になってしまいました

all of the stained glass windows.

全てのステンドグラスの窓に

 

(be) enthralled with

→ウットリ、夢中に、虜になるぅ


改めて、何度も訪れないと

その魅力を感じることはできない

→細部まで拘り尽くしたガウディ建築

 

次回、訪れた時には

情報が上書きされ

→より良い記事が書けるだろうと...

 

写真は思い出

*シネマティックに撮ってみたい...

→そこは事前に学びます!

 

ガウディ師匠:

何度も何度も訪れるので

→優しく包んでください

 

それでは、次回は

最終目的地

→カンプ・ノウ競技場編

 

サッカー少年のBossにとっての聖地

 

私の眼に涙が...笑(本当)

f:id:yurute:20200713211842j:plain

 

それでは、

 

Boss

 

スペイン旅行編はこちらから

 

 →セレブ気分♬高級リゾート地:プエルト・バヌス

www.yurutabieigo.com

 

 →路地裏で見つける癒し風景:マルベリャ

www.yurutabieigo.com

 

(マラガの2面性を楽しむ編)

1. リゾート面(Part.1)

→雲一つない青空に魅せられたbalmyな一日

www.yurutabieigo.com

 

2. 歴史・文化面(Part.2)

 →「マラガ大聖堂」から見下ろすpanoramicな絶景!

www.yurutabieigo.com

 

3. 夜のマラガは大人仕様(Part.3)

→大人が楽しめlaid-backしたマラガの夜

www.yurutabieigo.com

 

 1日じゃ物足りない!セビーリャ日帰り旅

→壮大さとレトロな雰囲気が街から漂う街

www.yurutabieigo.com

 

→セビーリャ独特の色で魅せる街並み

www.yurutabieigo.com