Bossのゆる旅英単語

英検で使用された英単語のイメージを写真や絵を使って出会い、映像作品で再会を繰り返す「楽しく続けられる英単語記憶法」を紹介。テーマは「まるで旅のように、ゆるく寄り道をしながら英単語との思い出を心地良くインパクト!」

ファン歴30年の男の涙...(笑)〜FCバルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」〜

f:id:yurute:20200720150315j:plain

Hola, a todos!(こんにちは、皆さん)

この位は、話せるようになりました...

→スペイン語勉強中のBossです

 

今回は、スペイン旅最終回

Boss少年にとっての聖地

→「カンプ・ノウ」スタジアム

 

 

初めに

昨年、南スペインを中心に

→初スペインを満喫した我々Boss夫婦

 

その後、バルセロナに移動し

前回は未完の世界遺産

→サグラダファミリアに悶絶しました

 

→街中に突如現れ、思わず「Wow!」と漏らした外観

www.yurutabieigo.com

 

→ステンドグラスの優しい光に見惚れた内観

www.yurutabieigo.com

 

そして

旅の最後を締めくくる

目的地は

→「カンプ・ノウ」スタジアム

 

私にとって聖地=神の領域

スタジアムに近づくにつれて

→込み上げる...笑

 

そして、

→笑いを堪える

 

なぜ、ここまで

→感情に揺さぶられるのか?

 

前回、ブロガーバトンの自己紹介で

少し触れましたが、 

www.yurutabieigo.com

 

もう少しだけお付き合いください

 

込み上げる「涙」の理由

サッカーボールとシューズ、そして...

小学1年生の誕生日(1984年)

父親から渡されたプレゼント

  • サッカーボール
  • サッカーシューズ

そして

  • アルゼンチン代表のユニフォーム+1本のビデオ

 

父親は、こう言いました

 「野球はライバルが多い。サッカーならチャンスあるとちゃうんか!」

マラドーナや!真似せい!」

...etc 

  • なぜアルゼンチン代表のユニホーム?
  • なぜマラドーナ

 

断片的ですが記憶に残っている

父の一方的な支持、いや命令!

 

そして渡された1本のビデオテープ

 

少年時代:アイドルはマラドーナ

父が当時通販で取り寄せたビデオ

アルゼンチンが生んだ天才

マラドーナ

 

ボールと遊んでるような足捌き

開いた口が塞がりませんでした

→こんな感じの映像集

www.youtube.com

*バックスピンをかけてリフティング

→もう超人の域

(当時、相当練習しましたね) 

 

ボールは友達

 

世界中のサッカー少年が愛する漫画

「キャプテン翼」の名言

 

マラドーナのためにあるような名言

今でも鮮明に覚えている感動

→「何なんだぁ!この選手わぁ!!」

 

そして2年後の1986年W杯

マラドーナは本当の「神」になりました

(色々な意味で...そこは割愛します)

 

永遠に語り継がれる

→伝説の5人抜き

www.youtube.com

 

そしてTV画面で目にした

→マラドーナ がキスするW杯優勝トロフィー

f:id:yurute:20200721122325j:plain

このポスターを部屋に飾ってました...

そんなBoss少年は練習に励み

→中学までは良い景色を見れたのですが...

 

同世代の中村俊輔選手柳沢敦選手

高校時代に対戦し、味わった

→「清清しいほどの実力差」

 

サッカーをやめた高3の夏...

 

以降、一切サッカーに触れていませんでした

社会人になり社交場の席でも

サッカーの話題には背を向け

 

「サッカー興味ないんすよ...」

 

当時を振り返ると

多少傷ついていたのでしょうね、心が...

 

30代になってもサッカーから距離を置いていた

 

そんなある日の夜

 

携帯が鳴ります

 

メッシの登場

「おい、バリエグい選手出たでぇ」

友人のテンションとは真逆のリアクション

「あぁ、サッカーかぁ...」

 

「まぁ、エエェから来い!」

 

そして、メッシという天才に出会います

→魅せられたこの映像(2007年)

www.youtube.com

先のマラドーナと比べると

最後のドリブルからゴールはほぼ同じ

 

「マラドーナやん💢」

 

  1. 同じ体格
  2. 同じ左利き
  3. 同じサイドから

→5人抜きドリブルゴール

 

これは神様からの贈り物です(断言)

→鳥肌が出ました!

 

友人曰く、

当時の私は怒り口調で

 

「早よ教えてや💢」

 

それから

空白の時間を取り戻すように

→サッカー愛で溢れる〜現在まで

 

共通点は神のイタズラ

マラドーナとメッシの共通点は

→とても運命的

 

  • アルゼンチン代表
  • FCバルセロナ
  • 背番号10番
  • 左利き(私も左利き...笑)
アルゼンチン代表10番

→歴代アルゼンチン代表の10番

f:id:yurute:20200721125828j:plain

父親は「マラドーナ」の大ファン

誕生日プレゼントのユニフォームは

→父の希望「我が息子のユニフォーム姿」

 

「着てる姿だけでええねん」

 

父はお酒を飲みながら

当時を懐かしんでいました(親の自己満)

→少しは親孝行できたかなぁ...笑

 

バルサの10番

そして2人とも

→歴代FCバルセロナの10番

f:id:yurute:20200721130957j:plain

 

そんな父親はマラドーナも所属(1982-84)した

FCバルセロナ(愛称:バルサ)の大ファン

→息子(Boss)にも受け継がれます

 

サッカーを離れた時期も

→唯一、バルサの結果は気にしていました

 

そして運命の出会いとなる

メッシの登場

 

「メッシもバルサかぁ」

 

メッシは下部組織から

→バルサ一筋の象徴選手

 

バルサでもエースナンバー10番

運命と感じざるを得ない両者の宿命

→私もいつしか勝手に運命を感じるように

 

□日本サッカー界の若き至宝も!!

日本の若き至宝「久保建保選手」も

→バルサ下部組織出身

 

最終的には最大のライバルチーム

→レアル・マドリードと契約

f:id:yurute:20200724020700j:plain

画像元:sports360.com

残念ですが...応援してます!!

 

次のシーズンのレンタル先

何かの間違いでバルセロナにレンタル移籍

何てことは絶対ないですね...悲

 

両者を比較する上で

どうしても避けて通れないのは

→「W杯優勝」

 

マラドーナには出来て

メッシには出来ていない

→W杯優勝トロフィーにキス

 

恐らく2022年カタールW杯は

→最後のチャンス!現地で見届けます!

 

そんな少年時代から応援する

FCバルセロナの本拠地

→カンプ・ノウ

 

そりゃぁ、

が出るわけですよ...笑

 

スタジアム前のバス停で降りると

バルサカラーが目に映り込みます

→グッときました!(歓喜の涙)

 

f:id:yurute:20200721133550j:plain

もう、この時泣いていましたね

f:id:yurute:20200721133521j:plain

えぇ、撮影しながら泣いてました

 

 

今回は、試合の日程が合わず

→現地観戦は出来ず...

 

今年は念願の高額チケットを購入して

現地観戦(CLナポリ戦)でしたが

→コロナのせいで...涙

 

まぁ、まぁ...

特上のデザート(観戦)は来年以降に

 

今回はスタジアムツアーへ参加

 

 

「カンプ・ノウ」スタジアムへ

写真(スタジアム外観)

f:id:yurute:20200721133958j:plain

興奮していたのか

→集合時間よりも早く到着...笑

 

妻もいつしかバルサファン

→夫婦で記念撮影をパシャリ✖️100

f:id:yurute:20200723231831p:plain

えぇ、もちろん泣いています!笑

f:id:yurute:20200723231904p:plain

妻はいつしか、メッシのファンに!

映像(スタジアム外観)

 

 

スタッフに呼ばれ、いよいよ

→スタジアムの中へ

 

写真:スタジアムツアー(内観)

言葉は少なめにいきます

だって、

泣いてるんですから...笑

 

f:id:yurute:20200724000606j:plain

普段は選手、関係者専用...興奮?いや、泣いてます(笑)

 

f:id:yurute:20200724000758j:plain

芸術の街、バルセロナ。色々なオブジェが洒落てます

f:id:yurute:20200724000851j:plain

話を聞いてません...泣いてます(笑)

選手がインタビューを受けるミックスゾーンへ

映像:ミックスゾーン

 

写真:ミックスゾーン

f:id:yurute:20200724001513p:plain

選手になった気分でパシャリ...少し泣き止んでます

 

さぁ、最大のお目当は

→グランドへ潜入します

 

映像:グランド選手登場口

映像:グランド①

 

写真:グランド

f:id:yurute:20200713211842j:plain

Mes Que un Club (クラブ以上の存在)→泣けますねぇ

f:id:yurute:20200724013147j:plain

このエンブレムは墓場まで持っていきます

f:id:yurute:20200724015554j:plain

メインスポンサーは「楽天」誇らしく感じました



f:id:yurute:20200724013907p:plain

ベンチで監督気分、いえ...泣いてました(本当)

f:id:yurute:20200724015301p:plain

はしゃぐ妻(左)/ 再び涙ぐむ旦那(右)

 

映像:グランド②

 

 

収容客数10万人を誇る

→カンプ・ノウスタジアム

 

ある試合だけ

10万人を超える観客

→埋め尽くされます

 

それは、最大で最強のライバルチーム

そう、久保選手が所属する

→レアル・マドリード戦

 

噂では12万人を超える時もあるとか...

 

いつか現地で味わいます

→その時は久保選手、ごめんなさ〜い

 

□バルサ、バルサ、バ〜ルサ♬

バルサファン歴30年程になると

このバルサ応援歌「イムノ

→締めの「バルサ〜♬✖️3」だけ熱唱!

www.youtube.com

 *レアル・マドリードとの伝統の一戦

→「クラシコ」は10万人がアカペラで熱唱

 

そう言えば、

意味を分かっていません...笑

 

W杯時の国家「君が代

バルサ応援歌「イムノ

→鳥肌が出る程、身が引き締まります!

 

 

最後に

 

撮り溜めた写真はいっぱいありますが

ボリューム過多にならないように...

→この位で締め括りたいと思います

 

最近、Twitter上でブログでは紹介出来なかった

→スペイン旅の写真を公開しています

 

海外編:スペイン旅

 

 

日本編(国内旅行も大好きです)

 

もし宜しければ

覗きに来てください!

 

あ、興奮して英語を忘れてしまいました

 

 

今回は初めてのスペイン語でチャレンジ

f:id:yurute:20200724022339j:plain

サポーター席に記された

Mes Que Un CLub

/クラブ以上の存在 

「サポーターはクラブ以上の(特別な)存在」

 

これはバルサを語る上で欠かせないキーワード

→会員(ソシオ)がクラブの運営を支えています

 

私の少年時代のアイドル

→マラドーナ

サッカー愛を再認識させられた

→メッシ

 

そんなメッシ選手がマラドーナを超えるため

是が非でも欲しいタイトルは

→W杯優勝

 

もし優勝したら

Mes Que Un Maradona y Un Dios

/マラドーナ、いや神をも超える存在に!

  

文法合ってるのかどうか?

今度、とっっっっっても厳しい

→スペイン語の先生に聞いてみます...笑

 

それでは

 

Boss