Bossのゆる旅英単語

英検で使用された英単語のイメージを写真や絵を使って出会い、映像作品で再会を繰り返す「楽しく続けられる英単語記憶法」を紹介。テーマは「まるで旅のように、ゆるく寄り道をしながら英単語との思い出を心地良くインパクト!」

世界遺産とロマンチックな街!セビーリャ日帰り旅①:〜aestheticでromanticな街〜

f:id:yurute:20200521023546p:plain

馬車に乗って周辺を散策するツアーも魅力的!

今回からセビーリャ日帰り旅編スタート!

日本人英語講師のBossす。

 

 

 

初めに

昨年のBoss夫婦のスペイン旅行

英単語を交え、振り返る

→写真で巡る思い出の旅〜Memory Laneスペイン旅行編〜

 

マラガを拠点とした旅

残すは南スペインの大都市

→セビージャ編

 

この後、帰国前2日間立ち寄った

→バルセロ編

 

まずは、マラガの朝

早起きして向かう先は

→マラガ駅

 

スペイン高速鉄道Renfe(レンフェ)に乗って

目的地は南スペインの大都市

→セビーリャ

 

1日では全然物足りない...

完全に圧倒されました...

Sevilla(セビーリャ)

スペインのどの辺り?

f:id:yurute:20200521025738p:plain

スペイン全土の地図を見てみると

  • マラガ:アフリカ大陸(南側)
  • セビージャ:ポルトガル(西側)

に近いんですね!

 

位置&行き方(Boss旅の場合)

マラガ→セビーリャ(高速列車)

→所要時間:約3時間

f:id:yurute:20200521025248p:plain

 

→スペイン高速鉄道:Renfe(レンフェ)

f:id:yurute:20200521044108j:plain

 

切符の購入は以下の2通り

  1. 事前にインターネット:デジタル切符
  2. 駅窓口:通常の切符

 

言葉(スペイン語)の不安があったので

→事前に日本語対応可のネットで購入

 

セビーリャに着く前に

海外の「旅あるある」

→都市名のカタカナ表記の不思議

 

今回の旅先「Sevilla

→何が正しいカタカナ表記なのでしょう?

 

セビーリャで合ってる?

ネットに混在する表記は以下の3つ

  1. セビーリャ
  2. セビージャ
  3. セビリア

海外の土地名あるあるですが

カタカナ表記(ローマ字読み)&現地表記&英語表記

では異なる場合が多々あります

→読み方が混在する要因

 

□例:カタカナ表記の不思議(都市名)

(ドイツの首都)

カタカナ表記:ミュンヘン

ドイツ語&読み方:München / ミュンヒィン(ドイツ語風に)

英語&読み方:Munich / ミュニク

 

例外はもちろんありますが

基本は現地の言葉の響きから

カタカナに変換するのが良いのでしょうか?

 

Boss旅は「セビーリャ」で統一

今回はgoogle mapの表記

&スペイン語の読み方に基づき

→「セビーリャ」で統一しました。

 

この外国の土地名のカタカナ表記は

  • ローマ字の読み方
  • 現地言語寄りの読み方
  • それ以外(英語の読み方等)

この基準ってなんでしょうね?

英語圏ではない今回のスペイン

→読み方をェックしてみました!

 

□実際に音声で確認:Sevilla

Sevilla

1. ローマ字読み:セビリャ

 

2-1. スペイン語読み(スペイン)セビーリャ

2-2スペイン語読み(南米のスペイン語圏)セビージャ

* 私にはこう聞こえました...皆さん、どうでした?

** 地域による発音の違いは英語で言うと

イギリス英語とアメリカ英語の違いなのでしょうね

 

3. 英語の表記&読み方:最後の文字が「e」に変わる

Seville:セビール

*英和辞典で調べると:セビリアと表記

 

 

現地に合わせるなら2-1

→これが「セビーリャ」に統一した理由

 

サッカー好きな方ですと

「セビージャ」の方が馴染み深いのかな...

→C大阪の清武選手が以前セビージャFCでプレイ

 

さぁ、旅へ戻ります

 

約3時間の列車の旅を経て

→辿り着いたセビーリャ

f:id:yurute:20200521050217j:plain

世界遺産が並ぶ大通り。路面電車も通ってます!

f:id:yurute:20200521160350p:plain

左:モコちゃんは闘牛士 右:エンちゃんは街並みをバックにパシャリ

マラガもそうでしたが、

南スペインの晴天は

→雲一つない完全なblue sky(青空)


今回のセビーリャ日帰り旅(Part.1)は

  • 目に映る美しき世界遺産の大聖堂
  • 馬車がロマンチックな雰囲気を演出

→写真&英単語で振り返ります

 

写真①:aesthetic なセビーリャ大聖堂

セビージャでは別の予定(次回紹介)あり

2〜3時間程しかない自由時間

→この世界遺産の大聖堂だけで大満足

 

セビージャ大聖堂

恒例の発音練習ですよ〜笑

英語

Seville Cathedral

ヴィール カァスィードゥラァル

 

スペイン語

Catedral de Sevilla

カセドル デ ビーリャ (巻き舌でどうぞ!絶賛練習中のBoss)

 

f:id:yurute:20200521050046j:plain

この通りに出た瞬間に、思わず立ち止まってしまいました...


aesthetic

読み方:ァセェティク

→美しい、美的な

 

the aesthetic cathedral

読み方:ズィ ァセェティク カァスィードゥラァル 

→美しき大聖堂

 

 

f:id:yurute:20200521045920j:plain

写真よりも実物を見て頂きたいこの壮大で美しい大聖堂

f:id:yurute:20200521045953j:plain

完全な夜のライトアップはどんな感じになるのでしょう

 

f:id:yurute:20200521050019j:plain

マラガでも見た夜のライトアップは色気を感じます!


This aesthetic cathedral was designated a UNESCO World Heritage Site,

→この美しい大聖堂はユネスコ世界遺産に指定されており 

*発音のズレ:赤 セェ/ ダァ

 

reflecting its cultural and historic importance.

→文化と歴史の重要性を反映している 

 *発音のズレ:赤 ギィ/ キィ

 

*単語間の言葉のリズム

赤字:音の「ズレ」

それ以外:音の「抜け」

 

□文化と歴史の融合都市:Sevilla

南スペインにある世界遺産は5つ

その内、3つがセビーリャにあります

イスラムの文化と歴史の融合が特徴的です

 

「セビリア大聖堂」:今回はこちらへ

「アルカサル」:寄れませんでした

「インディアス古文書館」:横切っているハズです...笑

 

次回、もっとゆっくり時間を掛けて散策しようと思います!

 


写真②: romantic な街並み

街並みに目を向けてみると

至る所で待機している馬車

→ロマンチックな雰囲気を演出

 

f:id:yurute:20200521023546p:plain

 

イギリス英語で練習してみましょう!


romantic

読み方:ロォゥマァンティク

→ロマンチックな

 

take a romantic horse carriage ride

読み方:テイカァ  ロォゥマァンティク ホォース  カァリィジュ ラァィドゥ

→ロマンチックな馬車に乗る

*発音のズレ:赤 ( カァ

 

f:id:yurute:20200521164836j:plain

 

Let's take a romantic horse carriage ride tour around Seville.

→セビーリャを馬車に乗って回遊してみましょう

*発音のズレ:赤 ( カァ)

 

It's the most romantic choice for the first time.

→(初セビーリャ)としては最もロマンチックな選択肢です

 

 映像: romantic な街並み&馬車

 

最後に

今回の英単語(おさらい)

 

□文化と歴史の融合:セビーリャを英単語で!
  1. aesthetic:世界遺産のaestheticな大聖堂に魅せられ
  2. romantic:馬車が中世ヨーロッパ風にromanticな雰囲気を演出

 

P.S.「旅ブログ」のお約束(by Boss嫁 )

2回目の登場のBoss嫁です!

 

ぬいぐるみと同行して旅をしてると 

たまに冷たい視線を感じます...笑

Boss(旦那)の無言のツッコミ

(おそらく)「何やってるん??」

シュールな写真や動画程

その瞬間は自分でも「?」と

思うんですけど、後で見返すと

→可愛らしいんですよね!

 

f:id:yurute:20200521171827j:plain

世界の車掌から〜モコちゃん&エンちゃんver〜

映像を撮っている時に

無言のツッコミをBossから感じました

→ですが、撮影続行です!笑

 

→黄昏中のモコちゃん&エンタちゃん

 

 

今となっては

「ちょっとあの映像見せて?」

→楽しんでいるようです!



撮影はBoss嫁に任せて

私はサポートに徹します...笑

 


それでは、

 

Boss

 

 

 

これまでのマラガ編〜Mamory Lane〜

 

(マラガ発、日帰り弾丸ツアー編)

→村全体がチャーミングな白い村:ミハス 

www.yurutabieigo.com

 

 →セレブ気分♬高級リゾート地:プエルト・バヌス

www.yurutabieigo.com

 

 →路地裏で見つける癒し風景:マルベリャ

www.yurutabieigo.com

 

(マラガの2面性を楽しむ編)

1. リゾート面(Part.1)

→雲一つない青空に魅せられたbalmyな一日

www.yurutabieigo.com

 

2. 歴史・文化面(Part.2)

 →「マラガ大聖堂」から見下ろすpanoramicな絶景!

www.yurutabieigo.com

 

3. 夜のマラガは大人仕様(Part.3)

→大人が楽しめlaid-backしたマラガの夜

www.yurutabieigo.com