「英単語を極める」旅

実際に効果があった方法だけを公開!英検、TOEIC、日常会話で効果を発揮!生まれも育ちもコテコテの日本人英語講師による圧倒的インパクトを与える「英単語強化の旅」

「英単語を極める旅」英検2級レベル 2019-2vol.4(前編:ピクチャーディクショナリー、練習問題)

Hello,

f:id:yurute:20191103044014j:plain

   日本で生まれ育ち、日本で英語をマスターしたコテコテの日本人英語講師のBossです。

 

遂に「英単語を極める旅」(英検2級2019-2)のゴールです。

最初の旅となりましたが、いかがでしたでしょうか?

 

何か一つでも「あぁ、なるほど」と感じてもらってると勝手に想像してニヤニヤしています。この投稿後に祝杯でもあげようかな。笑

 

さぁ、記念すべき最初の旅のラストVol4.前編のスタートです

 

まずは、

ピクチャーディクショナリー

練習問題×2

ダウンロードor印刷!!

 

 

ダウンロード 

 

 

使用英単語

高校卒業レベル約5000語(英検2級レベル)

英語検定2級の過去問題の筆記Part1. 単語穴埋め問題の選択肢となった英単語を使用

※ 注意

実際の問題の解説はしません。

オリジナルのピクチャーディクショナリーと練習問題×2でまず最初に英単語にご対面

その後、実際の英検の問題(過去問は英検サイトにてダウンロードできます。)で腕試し

2019-2vol.4使用単語一覧

(2019/10/6実施) 2019年第2回 英検2級筆記試験Part.1単語穴埋め問題選択肢

問13 : (be) anxious about

問14:sign up for, go out for, make up for, come out for

問15:as follows, by nature, in stock, off duty

問16:in one's favor, behind one's back, at one's feet, to one's joy

問17:(be) accustomed to, (be) relevant to, (be) guilty of, (be) worthy of 

 

 ※熟語として成立しないものや、文法系、慣用句系の問題は割愛しました。

 ※(be)に関しては基本の形として設定しました。( )の部分はget,becomeや名詞の後ろに置いて分詞の役割をさせたり色々変化してきます。

 

 

最初の旅を終えて

この2級レベル(約5,000語)はよく目にしたり、聞いたりしたことある英単語です。つまり、ネイティブが頻繁にアウトプットしてるからよく出会う英単語なんです。ここを英語学習の中間地点と設定してもいいでしょうね。

 

今後、この「英語を極める旅」は枝分かれしていきます。

 

引き続き同じ道

2級2019-1(2019年6月実施英検2級試験のPart.1選択肢の英単語)

新しい道

準1級2019-1(2019年10月実施英検準備 準1級試験のPart.1選択肢の英単語)

 

を予定してます。当面は、慣れた道=2級レベルを開拓していきますが新ルートの制作も進めているので楽しみにしていてください。

 

旅の目的の再確認

今のスタイルを崩さずに付け加えるだけ

今行なっている皆さんの英語学習の「最強のツール」を目指しています。

 

  • この「英単語を極める旅」を付け加えてください。
  • ポケット、机の引き出し、バッグに常備してみてください。

 

「私の言う通りにやりなさい!」

 

なんて押し付ける気持ちは一切ありません。

 

今皆さんが信じて進めている英語学習の道具にして必要な時だけ使ってみてください。

 

 

なぜ英単語にフォーカスしてるか

リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの4技能全てのパワーの源が英単語だと思っています。

 

そこに対して異論、反論あって当然だと思います。1000人の英語学習者全員、確実に英語をマスターできる方法や薬があれば、誰もが挑戦し、誰もが英語に困ることなく羽ばたいているでしょう。

 

色々な勉強法がある中で全く別方向に軌道を変える必要はありません。私も数ある勉強法をいくつか並行して利用し今に辿り着いたわけですから、

書籍

英会話スクール

ブログ

etc

 

色々試して、気付かされた

「You need to expand your vocabrary」

 (語彙力を増やしなさい)

 

shoud じゃないんんです、needなんです。必要性を感じたんです。

 

それから私は、停滞していた英語学習にこの「英単語を極める旅」=英単語力を道具として持ち歩くことにより、自分の理想とする英語に到達しました。

 

 

そして英語の指導者となり生徒に実践し効果を確認してきた上で私なりの答えを形にしました。

 

  • 単語を知っていれば、文章が読める!
  • 単語を知っていれば、英語が聞ける!
  • 単語を知っていれば、文章が書ける!
  • 単語を知っていれば、会話に深みを加えることができる!

だから、英単語にフォーカスを当てて多くの英語学習者の邪魔にならない形でサポートするためにピクチャーディクショナリー練習問題を作成しました。

 

自分が「これなら少々無理しても続けられるやり方」をこれからも続けてください。

そして、そこにこの「英単語を極める旅」を加えてみてください。

「これ違うなぁ」って思わせてしまったら、すいません。

すぐ捨ててください。

 

 

出会いは偶然のようで必然!?

毎Volで配布するピクチャーディクショナリーだけでも

ダウンロードor印刷して眺めてみてください

目に届く位置に置いてみてください

 

不思議と日々の英語との関わりの中で不思議と浮き上がって出てきますから。それが、海外ドラマだったり英検TOEICの練習問題だったり、定期テストの勉強中であったり...

 

「わぁ、あった」ではなく、「わぁ、出会った」なんです。

 

試しにレベル5の単語だけでも見て心にイメージをインパクトしてください。

 

そして「出会いたいなぁ」って一回でも強く想ってみてください。

それが覚醒されて無意識にアンテナが貼られているから気付きやすいんです。

あとはいつものように英語の勉強や楽しみ(映画、海外ドラマ、洋楽)に興じてください。

 

 

いい出会いの共感が得られたらいつでもいいでのコメント頂けたら嬉しいです。

 

それでは、

次回は後編(重要語句レベル5)で!!

 

Boss

 

にほんブログ村 英語ブログ
にほんブログ村