Bossのゆる旅英単語

英検で使用された英単語のイメージを写真や絵を使って出会い、映像作品で再会を繰り返す「楽しく続けられる英単語記憶法」を紹介。テーマは「まるで旅のように、ゆるく寄り道をしながら英単語との思い出を心地良くインパクト!」

「旅ブログ」のはずが...〜ひたすら待とう「キャンセル交渉:patient」Vol.2〜

f:id:yurute:20200401204716j:plain

南スペイン、アンダルシア地方のマラガ

 

日本人英語講師のBossす。

 

 

初めに

今回は、この2本立て

  • キャンセル交渉の英単語:patient
  • patientレベル別キャンセル交渉(ホテル、現地ツアー編)

 

これまでの「Bossのゆる旅英単語」旅編

 

 →ドタバタ劇の「旅ブログ」

www.yurutabieigo.com

  •   「生ハマ?」事件発生!

 

→キャンセル交渉はcompromise(エアー代)編vol.1

www.yurutabieigo.com

  • お互いのcompromiseは何か?
  • 気持ちがすれ違うLCCとのドタバタ交渉

 

今回は、キャンセル交渉(ホテル、現地ツアー)編

主張はする、ダメなら代替案も用意

それでもダメなら受け入れる

→それが夫婦で導いたcompromise(妥協)

 

今回は、とにかく

→待ちました、粘り強く

 

まずは、vol.1のcompromiseに続き

キャンセル交渉で意識した英単語

→patient=粘り強い

 

patient (品詞:名詞、形容詞)

読み方ペェィシャントゥ  

英検レベル:英検準2級(約3,000語)

基本イメージ: 名詞:患者

広がるイメージ:形容詞:粘り強い、辛抱強い

派生語:名詞:paitience →我慢、辛抱

基本イメージ:患者(じっと痛みと闘う、辛抱強くね!)

f:id:yurute:20200331002534p:plain

退院するまで

痛みに耐えて、

辛抱強く頑張る!

patient:(名詞)患者

 

support for patients with COVID-19

読み方:サァポォートゥ フォー ペェィシャンツゥ ウィズ ヴィット ナァィンティーン

→新型コロナウィルス患者への支援

 

patient:名詞「患者」

患者はどのような人?

→形容するのが広がるイメージ

 

指導する子供達には

いつもこう問いかけます

 

先生(Boss)は、「英語を教えるのが仕事」

皆んな(生徒)は、「英語を勉強するのが仕事」

→それでは「患者さん」の仕事は?

 

広がるイメトレ:痛みや困難をpatientし続ける!

f:id:yurute:20200331012300p:plain

We just have to be patient!!

読み方:ウィ ジャストゥ ハァフ トゥ ビィ ペェィシャントゥ

→ただ粘り強く、辛抱強くするしか無〜い!!(キャンセル交渉は...)

 

patient:(形容詞)粘り強い、辛抱強い

 

基本イメージから連想する:patient

  1. 名詞(人):患者 
  2. 形容詞:粘り強い、辛抱強い

 

こうやって角度を変えて連想すると

→単なる広がるイメージ

 

これは前回のcompromise

よりもイメージしやすい

→連想イメージの真骨頂

 

今回のキャンセル交渉:patient

→レベル別で振り返ります

 

「これでもかぁ!」という位

patientを使います

→記憶に定着していますように!

  

patientレベル別キャンセル交渉

 

(内訳 )

8泊10日スペイン旅行

 

滞在ホテル:4箇所

  1. バルセロナ3箇所
  2. マヨルカ島1箇所

現地ツアー:2箇所

  1. フランス、アンドラ公国日帰り現地ツアー
  2. サグラダファミリア(事前予約必須)

 

日々更新される感染状況をみながら

patientするキャンセル交渉スタート

 

今回は、patientの頻度を

→レベル別に分けます

 

parientレベルは3段階

レベル1:not patient

レベル2:ギリギリまでpatient

レベル3:絶賛patient中!

 

レベル1:not patient

交渉期間:即時〜1日

フランス、アンドラ公国日帰り現地ツアー

現地ツアー検索サイト「VELTRA

赤線に該当しない2週間前なので

無料キャンセル完了

f:id:yurute:20200401015903p:plain

veltraは、痒い所に手が届く「ちょっと遠出な日帰り旅行」におすすめ!

 

事前予約必須:サグラダファミリア館内入場パス

f:id:yurute:20200401022559p:plain

キャンセル受理証明:こんな理由でキャンセルしたくないですね...

refund(リィファンドゥ):返金

refund reason(リィファンドゥ リィーズン):返金理由

Corona Virus(カァロォゥナァ ヴァィアラァス):新型コロナウィルス

 

キャンセル方法

事前予約後に送られるeチケットの画像を

理由も添えてメールに添付し、転送

→1日後に無料キャンセル受理(上の写真)

 

 

Booking.com経由のホテル予約2件

日本語対応もしているので

期日内に正当な理由があれば

→後は流れ作業

 

こんな感じで「サグラダファミリア」が目の前にド〜ン!

f:id:yurute:20200401025522p:plain

くぅ...行きたかったぁ〜悲

 

(ホテル1件目)

booking.comから予約

→オジさん(Boss)、奮発しましたよ...笑

 

条件は前日までに連絡

→無料キャンセル受理

 

(ホテル2件目)

こちらはbooking.comを通じ

ホテル側から連絡があり

→交渉せず無料キャンセル受理

  

しかし、それは

→無料キャンセル対応の場合 

 

次はbooking.comでも

→無料キャンセル不可のプランの場合

 

レベル2:ギリギリまでpatientな交渉

 

交渉期間:1週間

 

Booking.com経由のホテル予約1件

 

バルセロナから空路50分程の

ヨーロッパのハワイといわれる「マヨルカ島」

 

サッカー日本代表の新星:久保建英選手

の所属チーム= RCDマヨルカのホームタウン

 →せめて練習姿でも...笑

 

  

ここもBooking.comから予約

「無料キャンセル不可」という不利な条件ですが

→まずは、反応を伺います

 

→最初のpatient

f:id:yurute:20200401033800p:plain

 

同意してキャンセルするつもりでした

が、しかし...

f:id:yurute:20200325171726p:plain

財務省長官(妻)の顔がすぐ浮かび...笑

→ダメ元で現地宿泊施設に直接メール

 

全然返信が無いまま1週間

→なんとも言えない返事が...

f:id:yurute:20200401035143p:plain

free cancelation(リィ キャンセレェーション):無料キャンセル

 

なんともラフな文脈(そんな陽気さ→大好き!)

「もちろん、無料キャンセルいいですよ!」

→無事、無料キャンセル受理

 

もうワンクリック押していれば...

→これには財務省長官もニンマリ

 

感謝のリプライも忘れずに

(実際送った感謝のメール)

We will definitely come visit your hotel soon after everything's ok.

→全て良くなり次第、必ず宿泊しましすからね!

 

そして、最後のレベル3

→実は、まだ終わってはいないんです...

 

レベル3:絶賛patient中の交渉 

交渉期間:〜現在

 

とにかく上手くいきません

→かれこれ1ヶ月になるpatientな交渉

 

booking.comのような検索サイトより

ホテルHPで直予約の方が

→安い場合が多いんです

 

そのため、対応はそれぞれ

→今回のような場合は特に...💦

 

ホテルHPより直接予約:1件

 

中間の業者を挟まないので

→ある程度覚悟はしていました

 

しかも、条件が不利

→無料キャンセル不可

 

まずは、booking.com同様に

キャンセルの打診から

→行きたくても行けない旨を...(伝われぇ!)

 

最初の打診:3月5日

返信:3月10日

結果:「無料キャンセルは不可」の連絡

※すごく雑な返答に少し腹が立ちました...笑

(雑過ぎて公開は控えますね)

 

私、ヘコタレません...patient

→ホテルのマネージャー宛に代えて交渉

 

→ホテルマネージャーからの返信

f:id:yurute:20200401044918p:plain

① non-refundable(ナァンリィファンダァボゥ):返金できない

② no sanitary emergency (ノォサァナァテェリィ イマァージャンシィ):衛生上の緊急事態ではない

 

マネージャー宛に打診:3月10日

返信:3月11日

結果:やっぱり無料キャンセルは不可

 

この時点(3月11日)で

非常事態宣言は出ておらず

→例外はなく、無理だと...

  

しかし事態は急変

→3月14日「スペイン非常事態宣言」

 

正直、切なかったですね

相手側を考えると...

 

ですが、もう一度打診することにします

→必ず行くから!

 

→最後の返信

f:id:yurute:20200401050727p:plain

free of charge(フリィー アヴ チャージュ):無料で

→最終的に無料キャンセル受理

 

返信:3月15日

結果:無料キャンセル受理

 

嬉しくも、どこか切ない感情の中

→一通のメールが...

 

問題発生!!!!

 

→相手から...

f:id:yurute:20200401051217p:plain

このメールの要約

1. クレジットの支払いが昨年末(年跨ぎの処理)

→ホテル側が返金処理できない

 

2. 銀行口座の情報教えて欲しい

→海外送金に切り替えるため

 

 

一瞬、「銀行口座」を、と思いましたが

対面で接していないので信用が...

→クレジット会社に対応を委ねることに

  

現在、絶賛、patient中!

※この際も添付した資料が開かないなどトラブル多発...泣

 

最後に

Boss家は海外旅行は好きですが

旅のエキスパートではありません

 

妻の指揮の下、ある方法で

簡単に滞在先ホテル&現地ツアーを絞り

即決します!

→こちらは別の記事で紹介します

 

P.S.

「旅ブログ」のお約束

→旅の相棒達:ぬいぐるみの紹介(by Boss嫁

f:id:yurute:20200401224809j:plain

南スペイン、アンダルシア地方の「マラガ」のホテルの一室から...(エンちゃん)

昨年のスペイン旅行で訪れた

南スペインのマラガ

  

マラガは「闘牛」の他に

「ピカソの故郷」としても有名です

 

3月初旬で20度は軽く超える

ポカポカ陽気は人々にも伝染

→その模様は次回以降紹介します

 

それでは、

 

Boss