Bossのゆる旅英単語

英検で使用された英単語のイメージを写真や絵を使って出会い、映像作品で再会を繰り返す「楽しく続けられる英単語記憶法」を紹介。テーマは「まるで旅のように、ゆるく寄り道をしながら英単語との思い出を心地良くインパクト!」

英検2級レベル(2019-3vol.4/5):理想的な英単語の覚え方は?&広がるイメージ:stand up

f:id:yurute:20200312001229p:plain

日本人英語講師のBossす。

 

初公開!最新!英検2級過去問(2020年1月実施)

特注!ピクチャーディクショナリーvol.4/5

f:id:yurute:20200312223724j:plain

f:id:yurute:20200312223741j:plain

 

□英検2級レベルの英単語
  • 「よく耳にし、よく目にする」知ってると理解が深まるインプット系の単語
  • 「書きたい、話したい」使えるとグッと引き締まるアウトプット系の単語

  つまり、

  • よく出会い、よく再会する単語!

 

 

初めに

 

今回の第3弾より、1回分の英検2級過去問の英単語を

先にまとめて紹介しています。

そして今回のvol.4/5でフィナーレ!

 

公開中の第3弾vol.1〜3

→以下、印刷 or ダウンロード自由に使ってください!

 

 

Vol.1はこちらから:おまけ→「乗り物」を仕分ける

www.yurutabieigo.com

Vol.2はこちらから:おまけ→米国からみた日本のコロナ対策

www.yurutabieigo.com

Vol.3はこちらから:おまけ→何をtakeしてdownするの?

www.yurutabieigo.com

 

新たなガソリン(英単語)を入れて

 

  • 連想ゲームで楽しく広がる意味を実感する英単語
  • 和製英語実として身近に接していた英単語
  • 絵を眺めるだけで違いを見分ける英単語

 

絵を眺めて「運命的な出会い」

映像作品で検証しながら「歓喜の再会」

→素晴らしい「出会いと再会」のお手伝い

 

Vol.4/5のスタートです!

 

ダウンロード

 

→自由に印刷、ダウンロードできます!

 

- 赤の矢印:単語の読み方(カタカナ)

- 青の矢印:単語の意味

 

2ページ目の単語の意味を少しアレンジしました。

あくまでも単語の全体像を確認するツールとして使用し

詳しくは辞書で調べるのをお勧めします!

 

使用英単語

高校卒業レベル約5000語(英検2級レベル)

英語検定2級の過去問題の筆記Part1. 単語穴埋め問題の選択肢となった英単語を使用

※ 注意

実際の問題の解説はしません。

実際の英検の問題(過去問は英検サイトにてダウンロードできます。)で腕試し

www.eiken.or.jp

2019-3vol.4/5使用単語一覧

(2020/1月実施) 2019年第3回 英検2級筆記試験Part.1単語穴埋め問題選択肢

問13 : by way of, in charge of, for fear of, on behalf of

問14:in place of, by means of, in terms of, on top of

問15:change one's mind, find one's way, keep one's word, raise one's hand

問16:(be) in time for, (be) for lack of, (be) in danger of, (be) of service to

問17:keep up, stand up, give out, work out

 

 今回は、stand upを紹介します

 

使用頻度ランキングTop5(Vol.4/5編)

Google検索を使用した

英単語の使用頻度ランキングTop5

 

 

□使用頻度ランキングTop5

1位:work out        :約  12,650,000,000 件

2位:in time (for)    :約  11,470,000,000 件 

3位:give out           :約   6,970,000,000 件

4位:keep up        :約   5,750,000,000 件

5位:stand up     : 約   4,120,000,000  件

 

→前回(vol.1&2&3のTop3)と比較

vehicle     :約 10,840,000,000 件 (Vol.1)

give in         :約  7,500,000,000 件  (Vol.3)

take down  :約  6,770,000,000 件  (Vol.3)

 

  1. 意味の広がりは随一:work out
  2. 単語が分かると簡単にイメージ:in time for, keep up
  3. 広がるイメージが面白い:give out, stand up

 

Vol.4/5は、2単語で表す英熟語(*句動詞)

*当ブログでは「英熟語」で統一しますね。

 

英熟語は連想ゲームの真骨頂

英熟語の特徴

  • 知っている英単語の組み合わせが多い
  • 意味の広がりをみせる

→連想ゲームが活かされる

 

例えば、今回の「work out

 

動詞:work(左)と前置詞:out(右)

中学英語同士の組み合わせで広がる意味

色々な状況、場面で登場するため

→複数の意味が浮かび上がります

 

「動詞」:基本イメージ

前置詞」:「動詞」の方向性を指示

→決して難しい連想ではありません 

 

ポイントは、

  • 絶対に暗記をしない→忘れやすい
  • 各単語の基本のイメージを掴む連想ゲームの基礎
  • 連想ゲームから広がり感じる→忘れにくい

そこから上手く日本語で自問自答します

(例)今回のwork out:パッと浮かぶだけで5、6個の意味の広がり

  • 何をworkしてoutするの?
  • どこでworkしてoutするの?
  • なぜworkしてoutなの?

...etc

 

映像作品で頻繁に再会するので

その時にピックアップして

紐解きますね

 

 

辞書は最終確認

私の授業では、辞書に頼る前に

とことん頭で汗をかきます

 

辞書を使う時は

→どうしても「知りたい」時

 

 

中学英語レベルの基礎単語が使用される英熟語は

  • とことん頭で汗をかく
  • 間違っても良いので仮のイメージを描く
  • 再会を繰り返した時にそのイメージを具体化

→最後に辞書で確認

 

どうしても連想できない時は

→辞書を使います!

※1日上限3つまで

 

辞書に頼る癖をつけると

文章を読んでいても辞書に頼ってばかり...

→読むのに時間が掛かる

→表面的な読解力しかつかない

→読むのが面倒くさくなる

 

「質より量」以前に

「質もない、量もない」

→負のスパイラル

 

一定の質は

頭で汗をかき

上述の作業の繰り返しで質を上げ

→その後、量(文章量の増加)をこなす

 

楽しく汗をかく

なるべく授業では、楽しく、面白く

当ブログで紹介しているように

→画像、映像、動作も交えて私からプレゼント

 

生徒は、今あるすべての想像力を駆使して

何となくの「仮のイメージ」を抱きます

 

「こんな意味じゃないかな??」

 

そこでハイタッチ!

 

ここからは私の仕事

意味の広がりを

強引に紐付けします

→絶対に紐付けして生徒に自信を!

 

その後、別の場面で再会した時に

このイメージを照らし合わせると

→「たぶん、合ってるな」

 

そんな時に辞書で確認すると

→「ニヤリ...笑。合ってるやん!」

 

そして、歓喜のガッツポーズ

→「やったぁ、もう分かった!

 

慣れてくると

子供達の無限の想像力に

逆に私が圧倒されることも...笑

 

原因を探り、必要なければ「さようなら!」

全く想像できない時は

原因を探ります。

大きく分けて2タイプに分かれます

 

① 各単語のどれかの意味が分からない(9割)

ピクチャーディクショナリーで

各単語の基本イメージを確認し

再度、チャレンジ!

→これで9割は解決!

 

それぞれの単語の

基本イメージを注入すると

行き詰まっていた連想ゲームが

→自然とリスタート

 

② それでも想像できない時(1割)

「辞書を使うか」 or 「いつか再会する時までSee You!

 

私は、後者のSee youで良いと思います。

 

それまでの過程で想像できないのであれば

→自分の許容量を超えているだけ 

 

もしくは、今日は調子が悪かったのかも...

→今がベストなタイミングではない

 

重要な語彙であれば、頻繁に再会します

→一旦、スルーしましょう!

 

再会の積み重ねがあれば自然と

「知りたい」欲が増します。

→突然、連想が降りてくる(「あ?」)

 

頻繁に再会しなしない=必要ない

→永遠にスルー⭕️

 

そのぐらいの極端な仕分けをしてもOK

 

英単語:同様 or ピクチャーディクショナリー

英単語も同様に

複数の意味がある場合は

基本のイメージの広がりを

上述のように問いかける

→当ブログで紹介している連想ゲームの原形

 

それ以外の未知の英単語は

→ピクチャーディクショナリーで視覚イメージ化

 

小学生までは親子で連想ゲーム

個人的な見解ですが

小学校までは

→親子で取り組むことを推奨します

 

そうでなくてもこの連想は

→2人以上で取り組むのが理想的

 

当ブログで出来る事は、

実際の授業の取り組みを

記事に取り組むこと

 

直近の記事でいうと

→この連想ゲーム

 

前回のtake downであげると...

www.yurutabieigo.com

  

 

□親子で連想ゲーム:取り組みの例

最近の記事では以下のように紹介しています

前回のtake downであれば、

 

基本イメージ:take(持って)してdown(下へ)

広がる連想:

  1. 人をtake down する?
  2. 警官が人をtake downする?
  3. 鉛筆やペンをtakeしてdownする?

 

こうやって日本語と英語を使って

イメージしやすい場面を

子供に与えてください

 

まずは、当ブログからピックアップ

子供にイメージを語り掛けてください

→挿絵もあるのでより効果的かもしれませんね

 

理想は、親御さん自身が上記の項目を言語化できること

理想です...でもチャレンジしてみてください

最初は難しいです、何事も...でも、

→「継続は力なり」の精神で!

 

私もできる限り

「親子で取り組める覚え方」

を盛り込んでいこうと思います

 

 

これは、理想的な覚え方の1つです!

その他、色々と引き出しは持ってますので

気長にお待ちください!

 

さぁ、これをもとに

今回紹介する「stand up

 

「起立する」

「立ち上がる」

 

状況、場面を変えてみると...

 

想像できましたか?

 

早速、連想ゲーム!

  • 親子で
  • ペアで

いやいや、

  • 一人二役で!

 

stand up 

読み方:スタァンドゥ

基本イメージ立つ(take)、上方向へ(up)→立ち上がる

広がるイメージ:①(動作)起立する、立つ / ②(逆境や問題に)立ち上がる

基本イメージ:右方向に立つ

f:id:yurute:20200312033840p:plain


自分の体を

上方向へ(up

立たせる(stand

stand up :立ち上がる(反対はsit down:座る)

 

stand up and sit down!

読み方:タァダァッ ペン  スィ ダァゥン

→立って、座って〜!

 

今回は、この「人」の動作から

連想してみましょう!

 

頭を柔らかくして

連想ゲームに挑戦!

 

広がるイメトレ(連想ゲーム)

stand upの基本イメージは

自分の体を上方向へ立たせる

→起立する、立ち上がる

 

この「人」の動作

stand up

 

そこに前置詞(for, against)を加えて

立ち上がった後の行為を指示

→何に対して立ち上がるの?

 

色々な場面で

立ち上がってみましょう!

 

① 何かのためにstand upする(for)

f:id:yurute:20200312040930p:plain

押さえつけられてます

自由が奪われています

抑制されている状況に

立ち上がる→声をあげる

stand up for

 

for=何かのために

 

人権問題に(権利が抑制されてますね→立ち上がる!

stand up for human rights

読み方:タァンダァッ ファ  ヒュゥマァン ラァィツゥ

→人権のために戦う(立ち上がって声をあげる)

 

正義や自由(これも束縛されて抑制されてます→立ち上がる!

stand up for justice / liberty

読み方:タァダァッ ファ   ジャスティス / リィバァティ

→正義/自由のために立ち向かう(立ち上がって声をあげる)

 

 

子供は自由の制限があります

 

「早く大人になりたいなぁ」

 

自由に憧れた青春時代

→さぁ自由に向かって立ち上がるでぇ!

 

f:id:yurute:20200312120849p:plain

stand up for myself

読み方:タァダァッ ファ  スィ ダァゥン

→自立、独立する

 

 

② 悪や難病に対してstand upする(against)

f:id:yurute:20200312122527p:plain


巨大な敵=悪、難病...etc

何度倒されても諦めず

抵抗する→立ち向かう

→stan up against

 

真正面から立ち向かう相手

→悪や難病に

stand up agains bullying / cancer

読み方:タァダァッ パゲェンストゥ  ブゥリィング / カァンサァ

→「いじめ」/「癌」に立ち向かう(真っ向勝負で立ち向かう)

 

against=(逆方向に)背を向ける→逆らう

 

□前置詞:against

ゴルフなどでアゲインスト(against

向かい風(打つ方向に逆らって)

 

よく「風」に例えてイメージを共有してます

 

The wind is against us.

読み方:ザァ ウィンドィズィ ァゲェンスタァス.

→風は向かい風ね。(私に向かって吹く風)

f:id:yurute:20200312123912p:plain

 

 


どうですか?

 

stand upの広がりも

基本イメージ=「起立、立ち上がる」が基準

→頭を柔らかくしてイメージを広げるだけ

 

最後に

今回で第3弾となる

英検2級過去問から抽出した

→日常会話で頻繁に出会い、再会する英単語(熟語)

 

一気にガソリンは満タンになりましたね。

 

次回は、この第3弾のアーカイブ

 

(Vol.1〜4/5)

  1. ピクチャーディクショナリー
  2. 練習問題1
  3. 練習問題2

 

まとめて印刷orダウンロードできる形で提供します

 

最後に一言良いですか?笑

 

皆さんに全く関係のないことですが

 

来週予定していた

 

10泊12日〜スペイン旅行

 

無念のキャンセル...泣

 

今回はしょうがないですね

どこかホッとしているような...

 

ですが私Boss一家は「ポジティブ100%」

 

状況が好転した瞬間に行く気満々の私(Boss

 

そして私の嫁は...

今、この瞬間...

 

次の旅程を決めてました...笑

 

さすが、私の嫁...

→恐ろしいほどポジティブ夫婦です!

 

それでは...

 

Peace out

 

Boss