「英単語をゆる〜く極める」旅

実際に効果があった方法だけを公開!英検、TOEIC、日常会話で効果を発揮!生まれも育ちもコテコテの日本人英語講師による圧倒的インパクトを与える「英単語強化の旅」

旅の対象と目的とゴール

Hello,

日本で生まれ育ち、日本で英語をマスターしたコテコテの日本人英語講師のBossです。

さぁ、今回で説明は終わりです。

次回から「英単語を極める旅」のスタート

 

その前に最終荷物チェックです。

 

f:id:yurute:20190926021709j:plain

我が家族のアイドル、旅好き「モコちゃん」

 

 

 対象

対象者

  • 小中学生を子に持つお母さん、お父さん
  • 中高生を中心とした「英語の資格が必要な」学生
  • 昔、英語が好きで英語学習をリスタートさせた方
  • 英語学習のスランプに陥っている方
  • 英語が話せないより話せた方がいいと思う方

 

つまり、

英語に何かしら関わりを持って頑張っているあなた!

気楽な感じで良いんです。旅の準備をして待っていてください!

 

対象となる単語数

高校卒業レベル約5000語(英検2級レベル)

英検の公式発表ではなく、ネット上で諸説言われている各級の目安の単語数は英検2級で約3800-5100語と言われています。

 

じゃ、切りの良い5000語にしましょう!!

 

  • 単語を知っていれば、文章が読める!
  • 単語を知っていれば、英語が聞ける!
  • 単語を知っていれば、文章が書ける!
  • 単語を知っていれば、会話に深みを加えることができる!

言語習得の基本は「単語」にあります!!!

 

目的 

5,000語もいらなくない??

  • 朝起きて寝るまでの出来事や、簡単な日常会話のやり取りは、それこそ1,000-1,500語(中学レベル)で十分!
  • ネイティブの友達との会話や旅先でのシチュエーション(空港、ホテル、レストランetc...)では相手に伝えることにフォーカス→日常会話のフレーズ本を覚えるだけ!
  • 1,000-1,500語(中学レベル)レベルの基本単語have, get, makegetの使い方を理解し、意識して会話で使う
  • 英熟語(動詞+前置詞) 例:get +up/ down/ over/ off/ on/ in/ out)は意識して覚えて、意識して会話で使う

 

上記は日常会話を喋る上では非常に使用頻度が高く、意味の広がりもあって多くの場面で使われるので、会話を特に意識されている方はこの点は意識して覚えて使ってください。(もう、皆さん気づいていることだと思います。)

 

「じゃ、中学英語だけで良くない??笑」

 

だからいらないでしょ、5,000語も!?

 

そこから抜け出して欲しいんです!!

 

どうして?

(10月6日実施の英検2級 単語穴埋め問題の選択肢となった単語の一部)

disturb

exclusive

vital

bend

do away with

take after

 

決して重箱の隅を突くような文語的な意味を持つ単語ではありません。(単語の意味は次回開始の「単語を極める旅(実践編)」で紹介。)

 

中学レベルの語彙1,500語を引いた約3,500語の単語は、

文章として、また、耳に入ってくる受け身の情報として触れる頻度が非常に高く

ここを理解しているといないとではガラリと英語の世界は変わります。

 

この単語の意味を知って会話をすると、相手の意図を深く読み解く事ができ、また使う事ができれば、相手の自分に対する理解度も上がるのです。

 

決して、中学レベルの単語で突き進むOne Way(一方通行型の意思の疎通)がダメわけでわありません。絶対に行き止まり、自然とスランプに陥ってしまうのを助けたいのです。

語彙力が増えるとスランプが解消し、正しい英語の道に戻れるのです。手に取るように実感できます。それが英語初球レベルから中級レベルへの最短の近道になるでしょう!

 

是非、その快感を味わって欲しいです!!

 

ゴール

今行っている英語学習をやめないでください。

今行っている英語学習を続けてください。

今行っている英語学習に「英単語を極める旅」を加えてください。

 

それだけです。

今頑張っている英語学習の最強のツールになって欲しいです。

 

多くの人がこの機会に「殻を破ってくれたら」本当、嬉しいです!!

それが、私が出来る社会への恩返しです!

(昔はそんなことすら考えてなかったので、年を取ったみたいですね笑)

 

英検2級レベル=約5,000語の先には英語中級レベルのゴールが待っています。

 

私は、ここをゴール地点に設定しました。

今後は、準1級レベル(約9,000語)を極めるか、

準2級レベル(約3,600語)に戻って基礎の単語を極めるか、

色々と反応を確かめながら方向性を決めていこうと思います。

(もし、良かったら希望をコメントくださいね。)

 

 

ゴールは設定しました。

皆さんは、

無理なくやれる範囲で!

 

これから紹介していく単語のイメージ画像をみて、

「この単語自分に合っているかも」

「あ、この単語覚えやすいかも」

と感じたら、

何度も見て心にインパクトを与えてください。

全部覚える必要はありません。

自分の気になる単語を心に問いかけながら何度もインパクトを与えるだけ。

覚えるというよりイメージを刷り込む感じです。

  

次回は旅のスタート

ツール(ダウンロード可)

  1. ピクチャーディクショナリー
  2. 練習問題1(単語チェック)
  3. 練習問題2(オリジナル問題)

 

を各自ダウロード、印刷をして下さい。

YouTubeと連動

具体的な単語のイメージの仕方など、書くよりも言葉で伝えた方が

正直、伝える方も見る方も楽だと思います。

連動した動画をYouTube上で公開します(まだまだ制作課程中です。)

 

腕試し

最後に腕試しに実際の英検問題にチャレンジ!!

選択肢は同様の単語なので何度もチャレンジして正答数を増やしてください。

特に英検受験者にとって最初の語彙問題が筆記試験の勝敗を決めます。

受ける予定がない方も受けたくなるかもしれません笑

 

※注意

過去問の解説はしません。(単語強化に特化したいので)

過去問のデータは個人で使用目的としておりますので各自英検のサイト上で

問題はダウンロードしてください。当ブログ上では一切公開しません。

(直近3回分は英検サイトでダウンロードできますので個人の使用目的で勉強に役立ててください。英検受験者はマストでダウンロードしてくださいね。)

 

頑張ってくださいね!!応援してます!!